ジョヴァンニ・ソッリマ特別公演2020「地球の躍動」作品「Theory of the Earth」出演者紹介関連イベント

ジョヴァンニ・ソッリマ
特別公演2020「地球の躍動」


チェロと三味線、オーケストラのための超大傑作、
ソッリマ作「Theory of the Earth」、奇跡の再演!



出演者紹介


三味線奏者
野澤徹也
洗足学園音楽大学と現代邦楽研究所の三味線講師を勤める。受賞歴は2005年東京邦楽コンクール第一位他多数受賞。CDは『三味線独奏曲集』(TYサポート受賞作品)の他19枚リリースしている。2013〜2018年のNHK Eテレ「にっぽんの芸能」主題曲と挿入曲の三味線を担当。 2017年に演歌歌手・五木ひろしコンサートに参加。 2018年にNHKラジオドラマ「料理人季蔵捕物控(西田敏行主演)」、「罵詈雑言忠臣蔵(尾美としのり主演)」の三味線を担当。 2019年には伝統文化振興財団よりCD『杵屋正邦作品集』リリース。野澤徹也三味線合奏団主宰。
CD『野澤徹也 / 杵屋正邦作品集』が令和元年度(第74回)文化庁芸術祭レコード部門において優秀賞を受賞!




指揮
ユキ・モリモト(森本 恭正)
1987年よりENSEMBLE 9音楽監督として主にウィーンを中心にYUKI MORIMOTO名で作曲・指揮活動を展開。現在ソロ作品から管弦楽曲まで190余作品を数え、その殆どが著名ソリストらによりヨーロッパで初演されている。指揮活動では、自作品の指揮の他、その対象はバロックから現代作品にまでわたり、日本では、初期の三枝成彰作品の多くを初演。2009年より活動拠点を東京にも広げ、同年より2016年まで有明教育芸術短期大学教授。今回再演されるジョヴァンニ・ソッリマ作曲「Theory of the Earth〜三味線とオーケストラのための〜」(三絃:西潟昭子、チェロ:ジョヴァンニ・ソッリマ、洗足学園大学フィルハーモニー管弦楽団)の初演指揮(2005年)も務めた。ソッリマとは15年ぶりの邂逅である。



洗足学園ストリングオーケストラ
コンサートミストレス 水野佐知香
洗足学園音楽大学のフィルハーモニー管弦楽団を母体に今回特別に編成されたストリングオーケストラ。洗足学園フィルハーモニー管弦楽団は、ジョヴァンニ・ソッリマ作曲「Theory of the earth〜三味線とオーケストラのための〜」の初演(2005年)のオーケストラであり、同公演はCDにも収録された。




主催:地球音楽プロジェクト実行委員会
共催:公益財団法人 墨田区文化振興財団(すみだトリフォニーホール指定管理者)
後援:イタリア大使館、イタリア文化会館
協力:西潟昭子(洗足学園音楽大学 名誉教授)
(株)TAフォト&サウンドオフィス
公益財団法人 日本伝統文化振興財団
アリタリア-イタリア航空
ワーナーミュージック・ジャパン
招聘・制作協力:プランクトン





後援:イタリア大使館、イタリア文化会館
協力:アリタリア-イタリア航空 / ワーナーミュージック・ジャパン
招聘・制作:プランクトン






(株)プランクトン 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-10-1F Tel.03-3498-2881 info@plankton.co.jp