「地球の躍動」公演概要 作品「Theory of the Earth」 出演者紹介/コメント チケット 関連イベント




ジョヴァンニ・ソッリマ
特別公演2020「地球の躍動」公演記念

幻の傑作「 Theory of the Earth セオリー・オブ・ジ・アース
極音視聴会&トーク・イベント・リポート

2020年2月22日(土)@四谷いーぐる

ジョヴァンニ・ソッリマ作の幻の傑作「Theory of the Earth」を最高の音で体験し、この楽曲の魅力を探るトークはとても充実した内容で会場満員の大盛況でした!音楽評論家の松山晋也さん、小室敬幸さん、今回の特別公演の出演者、ユキ・モリモト(指揮)さん、野澤徹也(三味線)さんを迎えて、この楽曲を掘り下げ、聞きどころを解説していただきました。生命力に溢れ、地球の躍動を体感させてくれるこの作品の真髄に触れる午後でした。



〈トーク内容抜粋〉

ソッリマの音楽性

ソッリマの音楽的な表現の核になるものは「旅」だと思うんです。実際の現実的な旅もそうだし、メタファーとしての旅もそうですね。「あらゆるボーダーを超えていく旅人」と定義づけられるんじゃないかな、と思います。
ソッリマのお父さんも有名な作曲家でありピアニストで、子供の頃からバロック時代のような教育を受けていたようで、それはどういうことかというと、演奏家はイコール作曲家だ、ということなんです。当時はそれが普通だったんですが、やっぱり彼はそのスタイルでずっと活動してきてて、それでまさに今回のこの作品の三楽章でバロック的な方法論を展開したんだな、という風に思います。(松山晋也/音楽評論家)

インタビューをしたときに、自分のことをどう認識しているのですか、という質問をしたときに、「常に何かを探し求めている人間だ」と言っていました。そのことが尽きぬ好奇心に繋がっているんだ、と思いました。
事前に楽譜を見せていただいたのですが、全四楽章ありまして、「速い、遅い、速い、遅い」という順番になっていまして、コントラストが分かり易く書かれています。各章の聞きどころですが、第一楽章は核となるミニマルな要素が出てくる箇所なのですが、この最後の箇所で楽譜には「ディストーション」と記されています。ここを本番では三味線にエフェクトをかけた形で演奏されるか検討中のようです。三、四楽章になるとチェロのソロが出てきます。これは先に録音を聴いてあとで楽譜を見て驚いたのですが、独奏チェロのパートが何も書かれていないんです。つまりこの部分は完全に即興なんです。そこを感じていただけると、あ、このパートは即興で演奏しているんだ、とわかると思います。(小室敬幸/音楽評論家)


「チェロと三味線のデュエット(対話)」としての作品

この曲の四楽章というのは、三楽章から出てきたチェロとそれぞれモノローグを弾いた後に、ついに一緒に二人でダイアローグというか、一緒に演奏するわけですけれど、それを聞いていると思い出すのがソッリマの代表曲である『チェロよ、歌え!』なんですね。あれはバックに伴奏があって、2本のチェロのソロが曲な訳ですが、この作品も『チェロよ、歌え!』のように三味線とチェロのデュエットのように聞こえてきました。(小室敬幸/音楽評論家)


三味線の「さわり」を理解した作品

弦楽器というのは西アジア、今のパレスティナあたりが発祥と言われていて、この弦楽器が生まれたところではみんな「さわり」があるんです。でこの弦楽器が北アフリカ経由で、ジブラルタル海峡を渡ってスペインに入りヨーロッパに行った時に、このビーン(さわり)がなくなってしまった。これがあると、いわゆるドミソ、ドファラ、という和音を作りにくいんですね。和音にとっては余計な、とても複雑な倍音が出ているんです。ですから西洋には「さわり」はなくなっていったんです。ですが、ジョヴァンニのチェロもジョヴァンニの声も、非常にその「さわり」っぽいノイジーな、ざらっとした響きがあるように思うので、三味線を理解できたのではないでしょうか。(ユキ・モリモト/指揮者)


またこの日は公演に出演する三味線奏者野澤徹也さんの実演もあり、三味線の「さわり」の音をより実感できました。




今回の極音視聴会&トーク・イベントを通して、この作品は、三味線とチェロのデュエット(対話)の中に「西洋と東洋の対話」、そして「地球の鼓動や大自然の営み」という大きな概念を持ち合わせている作品だという理解をより深める会となり、またソッリマの自然に対する研ぎ澄まされた感覚からくる三味線の「さわり」への理解の深さを実感する特別な機会となり、ますます本番が楽しみになる一日でした。

トークにご来場していただきました皆様、トークにご出演していただいた松山さん、小室さん、森本さん、野澤さん、ありがとうございました。
また素晴らしい音響システムと空間を提供していただいた四谷いーぐる様に感謝を申し上げます。


ぜひ当日5月11日(月)すみだトリフォニーホールへ足をお運びください。
一部:ジョヴァンニ・ソッリマ ソロ・パフォーマンス
二部:「Theory of the Earth」ジョヴァンニ・ソッリマ チェロ/野澤徹也 三味線/ユキ・モリモト 指揮/洗足学園ストリングオーケストラ
Twitter





作品「Theory of the Earth」

和楽器三味線の魅力が最大限に発揮され、チェロがうなり、オーケストラが競演、融合一体化したソッリマの大作。
元々、本作品は2005年に三味線奏者の西潟昭子より委嘱されたもの。今回、満を持して、再アレンジして再演される。
ソッリマは本作品に取り組むにあたり、世界一美しいと言われる富士山、そして、故郷シチリアのヨーロッパ最大の活火山、エトナ山に想いを馳せ、天空にそびえる2つの火山と地球の活力を壮大に描いた。和と洋がせめぎあい、競い合い、エトナ山にまつわる多くの神話や伝説がまるでオペラのような映像的、ドラマティックな音群で想起されるこの傑作はまさに“地球の音楽”と言える。
楽曲タイトルはスコットランドの地質学者ジェイムズ・ハットンの著書から触発された。



曲目解説

 これまでサンプリングされた三味線音源を使ったことしかなかった私は、西潟昭子さんから三味線のための作品を書くように頼まれた時、三味線の新しいサウンドやフィーリングに冒険的に取り組む可能性への興奮と、西洋の楽器とはかなり異なり日本の伝統と強く結びついているこの楽器との初めての出会いへの恐れを感じました。ただ同じ弦楽器であるチェロを弾いていること、シタールを何年か前に学んだこと、あるいはまた子どものような好奇心のために、三味線には親しみを同時に感じました。
 昨年(2004年当時)東京でお会いした折、西潟さんは三味線の生の演奏を聴かせてくれたあとで、竹内敏信さんの美しい富士山の写真集を見せて下さいました。そこには幻想的な神話、様々な光と影、魔法のような物語、花々や木々などが様々な角度から描かれていて、それを見ながら私は、三味線を取り巻く弦楽器群のイメージを感じ取りました。
 今年(2005年)の4月、より深くこの作品について考えはじめた私は、やがて私の住むシシリー島に近い、嵐の吹き荒れる小さな火山の孤島を思い描きました。そして私の中に嵐が吹き始めました。
 「セオリー・オブ・ジ・アース」は、地球上の陸地の創生について記した、スコットランドの地質学者ジェイムズ・ハットン(1726-1797)の著作に触発された題名です。しかし作曲においては、二つの火山…富士山とエトナ…と、そこで営なわれて来た儀式、宗教、人々、物語、神話などに焦点を当てています。ただ、人間、動物、エネルギーと火山との抽象的な関連性によって、各楽章は題名を持たずにそれらを表現しています。
 この作品は、原始的な要素と遅い部分を持つ4つの楽章が、それぞれ互いに強く関連付けられている協奏曲です。時折遠心力を持つ球形の構造形態には、流動的な木の形態をも感じられるかもしれません。非常に原始的な作品であると感じていますが、「非常に原始的であること」によって、私のこの作品は生まれたのです。

ジョヴァンニ・ソッリマ
(『邦楽演奏家 BEST TAKE 西潟昭子V 三味線とオーケストラの出会い』ライナーより)










(株)プランクトン 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-10-1F Tel.03-3498-2881 info@plankton.co.jp