TOP

Profile
Member
Live
イベント
カニサレスの魅力
Comments
CD
グッズ
MOVIE
Orchestra

総合お問合せ:プランクトン
03-3498-2881(平日11〜19時)
CONTACT



Profile


カニサレス アーティスト・サイト
www.jmcanizares.com

Facebook
https://www.facebook.com/jmcanizares

Twitter @jmcanizares



◆公演についての最新ニュースは
プランクトン公式アカウントで随時発表!!

Twitter
Facebook



Canizares

■パコ・デ・ルシアの真の後継者
 フアン・マヌエル・カニサレスは1966年、スペイン東部のカタルーニャに生まれた。16歳のとき、権威あるナショナル・ギター・コンクールで優勝。プロの道を歩みはじめる。88年から巨匠パコ・デ・ルシアのバンドに参加し、セカンド・ギタリストとして10年の間ツアーをともにする。97年に『イマンとルナの夜』でアルバム・デビュー。ジャズ、クラシック、ロックなど、あらゆる要素を吸収した演奏と華やかなアレンジでフラメンコ界に新風を吹き込み、絶賛を浴びた。

■世界的アーティストとの共演
 カニサレスはこれまで、エンリケ・モレンテ、カマロン・デ・ラ・イスラ、マリア・パヘス、アレハンドロ・サンス、ロシオ・フラードといったスペインのフラメンコ界、ポップ界のアーティストたちと共演を重ねてきた。さらにはジョン・ポール・ジョーンズ、ピーター・ガブリエル、マイケル・ブレッカー、アル・ディ・メオラ、ピーター・アースキン、ヴィンス・メンドーサ、ザ・チーフタンズなど、ジャンルを超えて世界の一流アーティストとのコラボレーションを数多く行なっている。2004年のアテネ・オリンピック聖火リレーの公式ソングのレコーディングをはじめ、カニサレスがこれまでに参加したアルバムはじつに100枚を超える。

■作曲家としてのカニサレス
 ギタリストとしてだけでなく、作曲家としても才能を発揮。スペイン国立バレエの作品への作曲、ロシオ・フラードやパコ・ラバルの出演する『ロラ・セ・バ・ア・ロス・プエルトス(港へゆくローラ)』をはじめとする映画音楽の作曲、また、カルロス・サウラ監督の『フラメンコ』への出演でも話題を呼んだ。これまでに6枚のソロ・アルバムをリリース。アルベニスやグラナドスといったスペインの作曲家のピアノ作品をギターのために編曲し、アルバム『アルベニス:組曲「イベリア」』ではスペイン版レコード・アカデミー賞のクラシック部門で最優秀賞を受賞した。

■クラシック界でも引っぱりだこ
 2011年、世界最高峰のオーケストラであるベルリン・フィルハーモニー管弦楽団の首席指揮者兼芸術監督、サー・サイモン・ラトルの招待を受け、マドリードの王立劇場でロドリーゴの「アランフェス協奏曲」を演奏した。この公演はベルリン・フィルとフラメンコ・ギタリストの初共演としてクラシック界でも大きな注目を浴び、以来、ヨーロッパ中のオーケストラに招待され、超売れっ子ソリストとして活躍している。

■ラ・フォル・ジュルネで大ブレイク!
 今年春に開催された『ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン「熱狂の日」音楽祭2013』では、もっとも注目すべきアーティストとしてフィーチャーされた(東京とびわ湖に出演)。オーケストラとの共演、自身のフラメンコ六重奏団など毎回違ったプログラムで全11公演に出演、約1万5千人を動員し、日本のクラシック・ファンを熱狂の渦に巻き込んだ。