(株)プランクトン
150-0001
東京都渋谷区神宮前5-28-10
神宮前松井ビル1F

お問い合わせ
03-3498-2881
(平日11-19時)

E-mail:
info@plankton.co.jp

SEU JORGE
セウ・ジョルジ 来日公演2005

映画『ライフ・アクアティック』『シティ・オブ・ゴッド』『モロ・ノ・ブラジル』に出演!
絶品のブラジリアン・グルーヴ!リオデジャネイロから魂の叫びを聞け!

来日公演2005

公演は終了しました

8.28(日) 大阪・河内長野ラブリーホール
8.30(火)
広島クラブクアトロ
8.31(水)
名古屋クラブクアトロ
9.1(木)
& 2(金) 渋谷クラブクアトロ (tel. 03-3477-8750)

◎主催:(株)パルコ ◎協力:オーマガトキ/ブエナ ビスタ/紀伊国屋書店/エイベックス/アスミック・エース
◎企画制作:プランクトン


インタビュー(2005年6月/仏)
寄せられたコメント
プロモ映像(新作「クルー」より)
朝日新聞で取り上げられました(2005.8.15)

来日ツアーの様子

プロフィール/来日メンバー

2001年ブラジル・アルバム・オブ・ジ・イヤー獲得!!
ミュージシャン、俳優として、現在人気急上昇中!!
ジョアン・ジルベルト、カエターノ・ヴェローゾに続くブラジル音楽の新しいスター
セウ・ジョルジが新作『クルー』を携えて、この夏初来日!!

◆セウ・ジョルジ:プロフィール
1971年ブラジル・リオ郊外生まれ。貧民街でアルバイトをしながらミュージシャンを目指す。18歳で軍隊に入るが、脱走して路上生活者となる。屋外で眠り、皿洗いのアルバイトで暮らし、弟が街のギャングの銃弾に倒れ、とファヴェーラ(リオのスラム、貧民街)の現実を背負いながら、ギター演奏と共に独りで生き延びる術を習得していった(映画「モロ・ノ・ブラジル」では当時を回想するシーンが出てくる)。その後クラリネット奏者パウロ・モウラの甥で、当時劇団に所属していたガブリエル・モウラに出会う。この劇団との付き合いは4年間に渡り、この間演劇と映画を学んでいった。
シコ・サイエンスに影響を受け1996年にサンバ・ファンク・バンド「ファロファ・カリオカ」を結成、 フロントマンとして活躍。2001年に1st ソロ作『サンバ・エスポルチ・フィーノ』を発表、ブラジルのアルバム・オブ・ジ・イヤーに選ばれる。この頃、映画『シティ・オブ・ゴッド』『モロ・ノ・ブラジル』に出演。俳優、ミュージシャンとして圧倒的な存在感を見せつけた。2005年にはウェス・アンダーソン監督最新映画『ライフ・アクアティック』にも出演。

奇才ウェス・アンダーソン監督の最新映画『ライフ・アクアティック』(日本公開2005年5月)では、本編の随所でギターを片手にデヴイッド・ボウイのカヴァー曲をポルトガル語の弾き語りを聴かせる。また、エンディング・ロールでは1曲フルでソロ・ライヴを披露。サウンドトラック(CTCW-53070)でもフィーチャーされている。


◆来日メンバー
Seu Jorge: vo. guitar
Pretinho: perc, cavaquiho, vo
Neni: perc, vo
Miudinho: perc, vo
Feijao: bass
Edmundo Carneiro: perc, vo

CD/DVD

最新アルバム
「クルー」
(オーマガトキ)
OMCX-1124/2625円(税込)
1st
『サンバ・エスポルチ・フィーノ』
(オーマガトキ)
OMCX-1137/ 2520円
DVD
「モロ・ノ・ブラジル」
(紀伊国屋書店)
ミカ・カウリスマキ監督のブラジル音楽のドキュメンタリー映画。セウ・ジョルジがフィーチャーされている。
DVD
「シティ・オブ・ゴッド DTSスペシャル・エディション」
(アスミック)
ブラジル貧民街ギャングの抗争を描いた映画。セウは二枚目“マネ”役として出演し、俳優として高い評価を得た。

リンク
seujorge.com(オフィシャルHP)