ドリーマーズ・サーカス

Dreamers' Circus



アンデルセンの国・北欧デンマークから現れた夢のトリオ。
北欧トラッドとクラシック/シンフォニーをブレンドさせた、雄大なのに愛らしい、童話のような音楽世界!

デビュー当初から驚愕の受賞歴!
デンマーク・フォーク・ミュージック・アワード2013、奇跡の3冠達成!
「最優秀新人賞」「最優秀アーティスト賞」「最優秀アルバム賞」(さらに、「最優秀作曲賞」にもノミネート)
デンマーク王室より与えられる名誉「ライジング・スター賞」受賞!
さらに、シドニー・オペラ・ハウスに招かれ王族の前でパフォーマンスを披露!

【北欧フォーク+シンフォニック】
ドリーマーズ・サーカスの最大の特徴は、伝統音楽のルーツとクラシックの教育を受けたシンフォニックな要素をブレンドしていること。伝統音楽特有のスイング感、グルーヴ感を持ちながら、美しい音色と構築美、壮大なアンサンブルを聴かせる。

【クリエイターも絶賛の才能とセンス】
その新しい豊かな才能と抜群のセンスは、様々なジャンルのクリエイターにもファンが多い。ゲーム音楽界で世界的に知られる作曲家の光田康典氏も絶賛し、レコーディングに起用。さらに、スタジオジブリの宮崎駿氏も大ファンであると公言し、メンバーと深い親交を持っている(4作目「ブルー・ホワイト・ゴールド」収録の「ワルツ・フォー・ミヤザキ」は両者の友情から生まれた楽曲)。

【圧倒的なステージ・パフォーマンス】
新世代ならではの、一昔前の北欧伝統音楽シーンにはなかったフレッシュなエンターテインメント性を持つ。
ステージでは、たった3人とは思えないエネルギッシュでスケールの大きなパフォーマンスで観客を熱狂させる。全員ルックスもGOOD!!

【生まれ変わるクラシック曲】
クラシックの素養を持つ彼らは、シンフォニックな要素を取り入れるだけではなく、実際にクラシックの楽曲を大胆な北欧フォーク風アレンジして聞かせる。バッハ、モーツァルトなどの楽曲が、まったく新しいフォーク音楽として生まれ変わる!


<プロフィール>
ドリーマーズ・サーカスは、2009年、コペンハーゲンのフォーク・フェスティバルでブズーキ奏者のアレ、ヴァイオリニストのルネ、そしてアコーディオン&ピアノ奏者のニコライの3人が意気投合し結成。きっかけは、フェスティバルの片隅のパブで行われたジャム・セッションだった。
結成のわずか6ヶ月後、デンマークのロイヤル・アカデミー・ホールにて、ルネがモーツァルトの「ヴァイオリン協奏曲第5番」にソリストとして出演した際、第三楽章のカデンツァ部分でアレとニコライがステージに躍り出て演奏に加わり、観客の度肝を抜いた。
2011年にはコペンハーゲン・フィルに招かれ、「夢の60分間」という、ドリーマーズ・サーカスの音楽をオケと1時間まるまる共演するというプログラムを行なう。これは、デンマークのフォーク・バンドで初の偉業となった。
2013年に、そのフォークのルーツとシンフォニックな特性をブレンドさせたデビュー作「ア・リトル・シンフォニー」をリリースするや大絶賛を呼び、栄誉あるデンマーク・フォーク・アワードで3冠を達成するという快挙を成し遂げる。
同年10月にはデンマーク王室から「ライジング・スター賞」を授かり、シドニーのオペラ・ハウスに招かれ、そのパフォーマンスで観客を魅了した。
2ndアルバム「セカンド・ムーヴメント」もデンマーク・フォーク・アワードを受賞。3rdアルバム「ルーフトップ・セッションズ」、4thアルバム「ブルー・ホワイト・ゴールド」と音楽性をさらに高め、今や北欧フォーク界でもっとも注目される存在となっている。




メンバー

ルネ・トンスゴー・ソレンセン Rune Tonsgaard Sorensen(Violin)
アレ・カー Ale Carr: cittern(bouzouki)
ニコライ・ブスク Nikolaj Busk: piano & accordion



News



2021年6月
ドリーマーズ・サーカス来日公演 中止のお知らせ


2021年6月に計画しておりましたデンマークのトリオ、ドリーマーズ・サーカスの来日公演は、新型コロナウイルス感染拡大の影響でアーティスト入国の目処が立たないことから、誠に残念ながら中止させて頂くこととなりました。
来日を楽しみにして下さっていた皆様には心よりお詫び申し上げます。

ドリーマーズ・サーカスの来日につきましては、今後また計画していく予定です。
来日公演の予定が決まりましたら、また改めて皆様にお知らせさせて頂きます。

お客様にはご迷惑をおかけしますが、事情ご賢察の上、何卒ご理解賜りますよう、お願い申し上げます。

2021年4月13日
株式会社プランクトン

【中止】ドリーマーズ・サーカス来日公演2021
6/13(日)兵庫 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール
6/16(水)福井 ハーモニーホールふくい 小ホール
 →福井公演は出演者を変更して振替公演を実施します。詳細はこちら←
6/19(土)神奈川 ヨコスカ・ベイサイド・ポケット


2020.08.26更新
アンデルセン・ストーリーズ「親指姫」の動画をアップしました!

北欧音楽と木版画アートでつづる新しいアンデルセン・ストーリー。
「ドリーマーズ・サーカス」の音楽と数々の絵本や童話で活躍する木版画アーティストの山福朱実のイラストが織りなす新感覚のミュージック・ビデオ・シリーズ。
子どもや家族みんなで楽しめて、ステイホームの読み聞かせにもぴったりです。


アンデルセン・ストーリーズ「親指姫」

アンデルセン・ストーリーズ「裸の王様」

アンデルセン・ストーリーズ「マッチ売りの少女」

アンデルセン・ストーリーズ「人魚姫」

過去の来日公演

2019年
10/14(月・祝)名古屋・宗次ホール
10/15(火)武蔵野市民文化会館
10/19(土)長野市芸術館 [台風の影響により公演中止]



2017年
12/11(月)渋谷区文化総合センター大和田・伝承ホール

<チーフタンズ公演 ゲスト出演>
12/8(金)オリンパスホール八王子
12/9(土) すみだトリフォニーホール

2016年
11/26(土)船橋市民文化創造館
12/2(金)所沢市民文化センターミューズ

「ケルティック・クリスマス2016」出演
11/27(日)よこすか芸術劇場
11/29(火)ハーモニーホールふくい
11/30(水)兵庫県立芸術文化センター
12/3(土)すみだトリフォニーホール

インストア・イベントの様子
2016年11月25日(金)
タワーレコード渋谷店6Fイベントスペース







TOPニュースコンサートCDアーティストお問合せ会社案内企画公演公演制作プライバシーポリシーENGLISH