ご予約・お問合せ:プランクトン Tel. 03-3498-2881
TOPコンサート日程チケット予約CDレーベルお問合せ

 ホットハウス・フラワーズ/Hothouse Flowers

ホットハウス・フラワーズ は、U2のボノに「世界一のホワイト・ソウル・シンガー」と評されるリアム・オ・メンリィを核にして、R&B、ゴスペル、カントリー、フォーク、そして、アイリッシュ・トラッドなどのルーツ・ミュージックをブレンドしたスケールの大きなサウンドを聴かせる、ダブリン出身のロック・バンド。ライヴ・バンドとしての評価が高く、毎回コンサートごとに違ったパフォーマンスをみせるリアムのステージングは観どころ。17年ぶりの来日は殆ど奇跡!絶対見逃せない。
一方、スペシャル・ゲスト ウェスタン・キャラヴァン は、アメリカンのルーツ音楽、ウェスタン・スィング/ホンキートンク&カントリーロックバンド。フィドルやスティール・ギター、ヴォーカルの超テク7ピース。ホット・クラブ・オブ・カウタウンの元ギタリストであるウィット・スミスが1995年に結成、以来NYをはじめ、多くの音楽ファンを魅了してきた。両バンド共今年のフジロックに出演(ウェスタン・キャラヴァンは驚異の2年連続!)、スマッシュ代表、日高正博氏の肝いりバンドだ。本公演には日高氏もかけつけ、その熱い思いを伝えてくれる予定。「大人のフジロック・アフター・パーティー」として、グッド・ミュージックに酔いしれてほしい。

メンバー】
Liam O Maonlai (vo, key, bodhran)
Fiachna O Braonain (g)
Peter O'Toole (b, bouzouki)


ホットハウス・フラワーズ、プリンスの「パープル・レイン」を歌う。
ホットハウス・フラワーズがラジオでプリンスの「パープル・レイン」をカバーしています。ホットハウス・フラワーズがいかに素晴しいライヴ・バンドというのが伝わってくる名演です!彼らは、ノリノリのソウルフルな曲も素晴しいですが、スローなバラードも最高なのです!

ホットハウス・フラワーズ「Isn't It Amazing」
1993年にリリースした3rdアルバム『ソング・フロム・ザ・レイン』の収録曲「 Isn't It Amazing」のビデオ・クリップ。
今では、音楽を悟って音楽仙人みたくなってしまったリアム。若き日のリアムは、キラキラしていてロック・スターでしたね!振付けもしびれます

ホットハウス・フラワーズの初来日公演の音源
なんと!驚きです!1989年のホットハウス・フラワーズ初来日公演の音源(42分)がYouTubeにアップされています。 スケールの大きな骨太サウンドに、リアムのソウルフルなヴォーカル!もう溜まりません!彼らは、デビュー当時から最高のライヴ・バンドだった!


ニュース
昨年の大反響を受け、待望の再来日決定! 今回は東京1夜限りのオリジナルメンバーでのスペシャル・トリオセット!!

2019/10/11 (Fri)
Shibuya CLUB QUATTRO
OPEN 19:00 START 20:00
スタンディング
前売り:¥5,800 ドリンク代別
お問い合わせ SMASH 03-3444-6751
(プランクトンでのチケット取り扱いはございません)


アルバム

ホットハウス・フラワーズ
『レッツ・ドゥ・ディス・シング』
VITO-128/2,500円+税

ああ、これが、リアム・オメンリィの歌声だ、これこそがホットハウス・フラワーズの音楽だ、と。激しく心ふるわせながら、久々の再会がもたらす至福のときに、ぼくは涙と一緒に夜の闇に溺れていく。遠くに、確かな光を感じながら、嬉しくて、切なくて、こんな感動を経験するのは、いつ以来だろう、とも思う。
天辰保文/本作解説より

★デビュー当時からのホットハウス・フラワーズを愛して止まない皆様から推薦コメントが届きました!!中川五郎さん、小野島大さん、大鷹俊一さん、赤尾美香さん

People (1988)
Home (1990)
Songs From The Rain (1993)
Born (1998)
Live (1999)
The Best Of... (2000)
The Vaults Vol 1 (2003)
Into Your Heart (2004)
Goodnight Sun (2010)


過去の来日

(株)プランクトン 150-0001 東京都渋谷区神宮前5-28-10-1F Tel.03-3498-2881 info@plankton.co.jp